Globalization of sushi

Our circumference is filled with various foods across a country.
The sushi which is the representative of Japanese food is enjoyed as a healthy food abroad.

However, there are differences between traditional sushi in Japan and sushi enjoyed in the world.

Japanese traditional sushi such as Nigiri-sushi, Chirashi-sushi, Temaki sushi, Inari-sushi and more are well known.
Then, though it is peculiar to a district, rolled omelet sushi and leaf sushi of the persimmon are also Japanese traditional sushi.

On the other hand, how about abroad?
Because of increasing international sushi chefs, sushi which is totally different from Japanese traditional sushi is also enjoyed abroad.

This is “Globalization of sushi.”

It might make sushi more popular and familiar. However, I want to take good care of the Japanese traditional sushi as a Japanese.

私達の周りには国を越えて様々な食が溢れていますね。
日本食の代表と言えるお寿司もまた、ヘルシーな健康食として国境を越え日本国外の様々な場所で食べられています。

しかし、日本でいう伝統的なお寿司と世界で販売されるお寿司には差があることもあるようです。

日本の伝統的なお寿司としては、握り寿司、ちらし寿司、手巻き寿司、稲荷寿司、押し寿司などの代表的なもの、伊達巻寿司、柿の葉寿司、温寿司といった地方特有のものなど数多くの種類が挙げられます。

一方海外ではどうでしょうか?
世界各地の寿司レストランにおいて日本人以外の職人の増加により、日本の伝統的な寿司から大きく飛躍したものまでも寿司として販売されているようです。

お寿司のグローバル化。

それによって、より広い範囲で親しみやすい食事となるのかもしれないですね。しかし、日本人としては日本の伝統的なお寿司も大切にしていきたいですね。